Trigger Point.net 医療関係者向け情報サイトに
アクセス頂きありがとうございます。

日本国内の医療機関にお勤めの医師・薬剤師などの医療関係者を対象に、医療用医薬品を適正にご使用いただくための情報を提供しています。

一般の方および国外の医療関係者に対する情報提供を目的としたものではありませんのでご了承ください。

対象の職種を選択して下さい


お問合せ ログイン

WEBお問合せ 会員専用ページへ 患者様向け情報サイト

トリガーポイントの関連痛

トリガーポイントでは局所の痛み(圧痛、自発痛)がありますが、遠隔部位にも痛みを送ります。
トリガーポイントが存在する局所以外にも発生する痛みを関連痛といい、
トリガーポイントが存在している筋や重症度に応じて、多様な関連痛パターンが存在します。
関連痛領域への治療は根本的な解決にはならず、
関連痛領域からトリガーポイントが存在する正しい位置を特定することで、
適切な治療につながります。

トリガーポイントによる関連痛のメカニズム

トリガーポイントの特徴の中で、最も重要であり、最も理解しにくい現象が関連痛です。トリガーポイントが存在すると、遠隔領域に痛みを発生させることが多く、そのような痛みを関連痛といいます。日常診療では、治療者が関連痛に注目することで、原因となるトリガーポイントを見逃している可能性があり注意が必要です。関連痛が発生する領域は、通常、一次関連痛領域(濃い赤)といい、トリガーポイントが重症化すると二次関連痛領域(薄い赤)にも痛みが波及します。関連痛の発生メカニズムについては、収束投射説と脊髄拡散説の両説が広く受け入れられています。収束投射説とは、痛みのインパルスが伝導してきた神経線維と、脊髄への入力部位が同じ別の神経線維を脳が誤認することにより、関連領域に痛みが投射するという説です。脊髄拡散説とは、過剰な痛みインパルスが脊髄へ入力する際、過剰なインパルスにより神経伝達物質が別のニューロンへの拡散することや、健常では眠っている別の脊髄分節ニューロンへのシナプス結合が活性化することにより、脳は神経伝達物質の到達先である脊髄分節に入力する神経の元の支配領域からのインパルスと誤認するために、関連領域に痛みが投射するという説です。両説を組み合わせることにより、典型的な関連痛パターンを説明できると考えられています。

TPM会員登録

トリガーポイント注射の認知度の向上と情報提供を目的としたメンバーシッププログラムをご用意しています。

会員登録はこちら

ピックアップコンテンツ

トリガーポイントとは

トリガーポイントとは

トリガーポイントについての基礎的な理解から一般的な治療方法まで幅広い情報を掲載しています。初めて学習される方からご専門の先生まで、是非ご一読いただけますと幸いです。

手技動画ライブラリ

手技動画ライブラリ

すぎはら整形外科 杉原 泰洋 先生の手技動画集です。

好発部位別手技

好発部位別手技

トリガーポイント注射の対象となる筋肉は非常に多く存在します。治療頻度が特に高い部位、筋肉について解説しています。

トリガーポイント注射の作用機序と薬液選択

トリガーポイント注射の作用機序と薬液選択

トリガーポイント注射の作用機序を説明し、トリガーポイント注射に使われる薬液について解説します。

学会情報

セミナー・講演会のお知らせ

トリガーポイントに関連するセミナー・講演会の情報を掲載しています。