かんたん医療機関検索 お問合せ
かんたん医療機関検索

痛みに関する悩み(お姉さんの悩み-慢性的な肩こり)

例えば、お姉さんの悩み

毎日、パソコンと向き合って仕事をしているせいか、慢性的な肩こりに悩んでいます。最近では、頭痛が起こるようにもなり、仕事に集中できないこともあります。

お姉さんの悩みの原因は??

お姉さんは、『肩こり』と『緊張型頭痛』の症状が見られるようです。

毎日のデスクワークで、長時間同じ姿勢でタイピングをしていることが原因として考えられます。緊張型頭痛は『肩こり頭痛』とも呼ばれ、慢性頭痛の原因の7~8割を占めています。

首や肩に負担がかかる姿勢を長時間続け、さらにはタイピングにより筋肉が酷使されて疲労し、筋肉の緊張や血流の低下が起きて肩こり(トリガーポイント)が出来上がります。その結果、痛み物質が首や肩の筋肉に蓄積し、痛みが発生します。

この痛みをそのままにしておくと、痛みが眼球の後部や側頭部に飛び火して、また、頭部全体へと広がってしまいます。こうなってしまうと、頭痛が起こる⇒肩を動かさない⇒筋肉の疲労が蓄積⇒肩こり⇒頭痛が起こるということになり、なかなか痛みが取れなくなります。

胸鎖乳突筋や僧帽筋にトリガーポイントがあると、肩こりや緊張型頭痛を引き起こします。胸鎖乳突筋はストレスに反応しやすい筋肉ですので、ストレスを溜めないことや良い姿勢をとることが大切です。入浴でストレス解消や血流改善を得たり、ストレッチによる気分転換をしたり、といった心身への気遣いが予防のためには重要です。

それでも肩こりや緊張型頭痛に悩んでおられる場合は、簡便なトリガーポイント注射を、一度、試してみても良いかもしれません。

相談を受け付けている医療機関

肩こり、腰痛など疼痛の相談を受け付けている全国の医療機関を検索できます。

かんたん医療機関検索